日本郵船/グループ所有船が南太平洋で遭難者3人を救助

2013年10月04日 

日本郵船は10月4日、グループ会社の旧日之出郵船(現NYKバルク・プロジェクト貨物輸送)が所有する多目的コンテナ船「PACIFIC ISLANDERⅡ」が9月26日に南太平洋上で3人の遭難者を救助したと発表した。

<救助の様子>

「PACIFIC ISLANDERⅡ」は、トンガ・ヌクアロファ港から9月25日にニューカレドニア島のヌメア港に向けて出港し、翌26日にニュージーランドの海事救援調整センターから、座礁したヨットの救助要請を受けた。

現場に急行した「PACIFIC ISLANDERⅡ」は、26日7時13分に乗組員3名全員を無事救助したもの。3人とも健康状態は良好で、9月28日にヌメア港で下船した。

■PACIFIC ISLANDER II 概要
船長:ペトロニロ・オディラオ〈Petronilo G. Odilao〉
船籍:パナマ
船員:22人(船長含む、国籍:フィリピン)
総トン数:1万7134トン
船種:多目的コンテナ船
管理会社:八馬汽船

最新ニュース

物流用語集