双日/ブラジルで農業・穀物集荷・ターミナル事業に出資

2013年10月22日 

双日は10月22日、ブラジルでの農業・穀物集荷事業に進出し、穀物取扱規模を拡大すると発表した。

<ブラジルでの位置図>
20131022sozitsu1 - 双日/ブラジルで農業・穀物集荷・ターミナル事業に出資

<港湾ターミナル完成図>
20131022sozitsu2 - 双日/ブラジルで農業・穀物集荷・ターミナル事業に出資

ブラジルで農業・穀物集荷輸出事業をおこなうカンタガロ ジェネラル グレインズとその中核子会社であるシージージー トレーディングとの2社(以下:CGGグループ)に出資する。

双日は、農業生産・集荷・ターミナル事業を共同で事業運営するとともにCGGグループが集荷するブラジル産穀物(大豆・コーン・小麦等)を優先的に買い取り、アジア・日本市場向けに加えて、世界大豆貿易量の7割を輸入する中国市場向けに穀物の販売を行っていく。

農業生産では、北東部のセラードと呼ばれる耕作不適地を土壌改良し、新たに農地開拓していくことにより、グローバルな食糧増産への寄与も予定している。

双日はアジアにおいて手がけている事業とブラジルでの事業を結びつけることで、南米・アジア間の農業・穀物バリューチェーンを拡充し、2020年までに1000万tの穀物の取扱いを目指す。

CGGグループは、2010年に設立され、現在約15万haの農地を保有し、年間200万トンの穀物集荷を展開。

CGGグループと双日は今後、CGGグループが使用権益を保有するブラジル北部イタキ港の港湾ターミナル、内陸サイロ、農地取得・開発に投資し、2020年以降、CGGグループでの穀物取扱量を600万トン、保有農地を20万haまで拡大させる計画だ。

従来、ブラジルからの穀物は南部港からの輸出が中心だったが、物流インフラ未整備により、輸出の最盛期には長期滞船が恒常化していた。

現在開発が進められているイタキ港は、物流のボトルネック解消による船積み期間短縮とアジアまでの航行距離の短縮による競争力確保が期待されている。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集