伏木海陸運送/7~9月売上高36.0%増、営業利益2倍

2013年11月12日 

伏木海陸運送が11月12日に発表した2014年6月期第1四半期決算によると、売上高35億1200万円(36.0%増)、営業利益1億900万円(103.3%増)、経常利益7200万円(133.3%増)、当期利益500万円(5.9%増)だった。

港運事業の売上は、生産活動の緩やかな回復に伴い、原料の輸入や海上コンテナの取扱いが増加し、売上高は13億1100万円(3.7%増)、営業利益はコスト削減効果により9500万円(64.7%増)となった。

陸運事業の売上は、8億1700万円(1.5%減)、軽油の価格高騰等により営業損失は100万円(前年同期は100万円の営業利益)となった。

倉庫業は港運貨物の取扱い増加に伴い、売上は7700万円(8.2%増)営業利益は設備投資効果により2400万円(88.1%増)となった。

通期は、売上高130億円(4.9%増)、営業利益4億2000万円(1.9%増)、経常利益3億5000万円(7.9%減)、当期利益1億6000万円(50.6%減)を見込んでいる。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集