LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

横浜ゴム/リトレッドタイヤ会社2社を統合

2013年12月09日/IT・機器

横浜ゴムは12月9日、国内リトレッドタイヤ事業を1社に統合すると発表した。

統合するのはヨコハマタイヤ東日本リトレッドと山陽リトレッドで、2014年1月1日付けで新たにヨコハマタイヤリトレッドが設立する。

新会社の本社は広島県尾道市とし、事業所を広島県尾道市、北海道苫小牧市、埼玉県入間郡、愛知県みよし市の4か所に置く。

運送会社に対し、新品タイヤの購入から、タイヤ運用中の管理・点検・補修、さらにリトレッドタイヤ利用までをトータルにサポートする「エコメソッド」を展開している。

エコメソッドによる顧客へのサポートや、今後さらに増加するリトレッドタイヤ需要に対応をするため、リトレッド事業の1社化による経営の効率化を図り、将来的な事業拡大に備える。

■新会社の概要
社名:ヨコハマタイヤリトレッド(株)
設立:2014年1月1日
資本金:2.1億円(横浜ゴム100%出資)
事業内容:リトレッドタイヤの製造・販売
本社:広島県尾道市長者原2-165-28
事業所:広島県尾道市、北海道苫小牧市、埼玉県入間郡、愛知県みよし市
従業員数:85名(予定)

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

IT・機器に関する最新ニュース

最新ニュース