富士通/グローバル経営管理ソリューション販売開始

2013年12月25日 

富士通は12月25日、グローバル経営管理を支援するため「FUJITSU Enterprise Application GLOVIA SUMMIT グローバル経営管理ソリューション」の販売を開始した。

<グローバル経営管理ソリューション概要図>

グローバルに事業展開する大手・準大手の日系企業に対するソリューションで、ヘッドクォーターの事業管理部門向けの「グループ事業管理ソリューション」、経理部門向けの「グループ会計ソリューション」、経営層向けの「経営ポータルソリューション」の3つの新ソリューションで構成され、各階層に求められる必要な経営情報をグループ各社から収集して提供する。

3つの新ソリューションでは、ヘッドクォーターと国内外グループ拠点の会計システムの仕訳情報だけでなく、販売・購買・生産などの基幹システムからの商談・受注・売上・予算などの情報を、専用の収集ツールで統合することで、経営に関する情報を全世界から収集、統合、蓄積、可視化することによりグローバル経営管理の実現を支援する。

経営ポータルソリューションでは、ニュースなどの社外情報と収集した経営情報などデータを統合せずに、ポータルサイト上で一覧表示し、リアルタイムにタブレットなどで参照することができる。

2年間で900サイトへの販売を目指す。

最新ニュース

物流用語集