三井倉庫/釜山に1.5万平方米の物流センター稼働

2014年08月05日 

三井倉庫は8月5日、韓国釜山で建設していた新物流センターが完成し、7月から本格稼動したと発表した。

<センター全景>
20140805mitsui

釜山新港のコンテナターミナルに隣接するエリアに敷地面積3.7万㎡、延床面積1.5万㎡の規模で、韓国における物流事業の中心拠点として運営する。

既存貨物の集約、釜山新港FREE TRADE ZONE の立地を生かし、非居住者名義保管、保税状態での流通加工といった付加価値の高いサービスを提供する。

ヤードでの特殊コンテナ取り扱い、低床倉庫での設備関連輸送、危険物保管、定温倉庫での食品保管、一般倉庫での流通加工業務など、多様な施設を生かした幅広いサービスメニューを揃えている。

同社では、アジアパシフィック地域への強化として、2月に稼動したタイ、今回の韓国のほか、インドネシア、中国などでも物流施設の新設・増設を進めている。

これらの新増設により、アジアパシフィックでの物流施設規模は昨年12月末時点の33.7万㎡から44.8万㎡へと約32%増加する。

韓国釜山新港物流センター施設の概要
名称:Mitsui-Soko Korea Busan Newport Logistics Center
所在地:釜山新港エリア
施設:延床面積計15,424㎡

最新ニュース

物流用語集