LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

商船三井/高延性造船用鋼板「NSafe-HULL」を世界初採用

2014年08月15日/IT・機器

商船三井は8月14日、 新日鉄住金が開発した高延性造船用鋼板「NSafe-Hull(エヌセーフ ハル)」を世界で初めて採用した。

<NSafe-Hull採用船と同型船>
20140814mol1 - 商船三井/高延性造船用鋼板「NSafe-HULL」を世界初採用

8月2日には採用第一船となる運航の大型ばら積み船が進水した。

「NSafe-Hull」は、高い延び性を有し、船舶の側面からの衝撃に対して衝撃吸収エネルギーが約3倍になることから、従来の鋼材に比べて船体に亀裂が生じにくく、船舶の安全性を高めている。

<NSafe-Hull採用部位(赤色および黄色部分)>
20140814mol2 - 商船三井/高延性造船用鋼板「NSafe-HULL」を世界初採用

今回の建造船では、貨物艙船側部、燃料タンク部などの高い衝突安全性が求められる場所に、合計約3,000トンの「NSafe-Hull」を使用した。

船体に穴が開きにくくなることにより、浸水防止や貨物保護、深刻な環境汚染につながる油流出防止の役割を担う。

■ばら積み船の概要
全長:299.94m
全幅:50.00m
喫水:24.70m
載荷重量:206,600トン
建造:今治造船 西条工場

関連記事

IT・機器に関する最新ニュース

最新ニュース