ダイフク/北米統括会社の社名変更

2015年01月19日 

ダイフクは1月16日、グループで北米の事業を統括するDWHC社を、1月1日付けで社名をDaifuku North America Holding Company(DNAHC)に変更したと発表した。

これまで使用していた「DAIFUKU WEBB」ブランドを「DAIFUKU」に統一し、ダイフクグループのグローバルレベルでのブランド力強化を図っていく。

DNAHCは、Daifuku America Corporation(DAC)、Jervis B. Webb Company(WEBB)、Wynright Corporation(Wynright)、Elite Line Services(ELS)の4社を傘下に置き、それぞれの社名は従来通り。

DWHCは、2011年1月にDACとWEBB両社のビジネス・ノウハウ、製品、経営資源を共有化するための統括会社として設立。

その後、ELS(2012年11月)、Wynright(2013年10月)を傘下に入れ、業容拡大を進めてきた。

 

最新ニュース

物流用語集