米国/NVOCC取扱量ランキングトップ25に日系企業3社

2015年03月04日 
関連キーワード:

Zepol(ゼポ)は3月4日、米国税関ACE*B/L統計データベースを基に2014年のアジア発米国向け海上コンテナNVOCC取扱量ランキングをまとめ、Asia NVOs Top 25 として発表した。

<NVOsのシェア>
20150304zepo 500x270 - 米国/NVOCC取扱量ランキングトップ25に日系企業3社

アジア18カ国・地域発のTEU (B/L・Loading Port/母船積地ベース・実入り・FROB含) ベースで、NVOの取扱量は40%を占め、2014年の前年比は10%増で、平均(7%増)を上回る伸びを示した。

そのアジア発米国向けNVO市場の53%を上位25社 (Asia Top 25)で占めているが、25社の2014年の伸びは、前年比15%増と、NVO全体の10%増よりも高く、シエアも2012年以来、毎年1%ずつ増えている。

更に、NVO市場を牽引してきた、国際大手NVOトップ5社の顔ぶれはこの3年間同じだが、ランキングは大きく変化しており、特に、5位だった Christal Line が、M&A戦略で一気に2位となった。

同時に、トップ5社の前年比は、25社の伸びを上回る20%増となっており、5社のシエアも2012年21%、201年23%、2014年24%と拡大している。

NVOが400社を越えるアジア市場の中で、トップ5社を中心に25社が5割以上を取扱う構図となっている。

2月に発表された近鉄エクスプレスと日本郵便2社の海外大手NVOの買収の結果、日系としては、いままで郵船ロジステイクス1社(20位)だけのトップ25社グループに、新たに2社が加わり(2014年実績の単純な合算では)それぞれ21位、24位を占めることになる。

トップ25社グループで、20位がシェア1%ラインとなっているが、20位~25位のランキングは、2013年に比べても3社が26位以下から上がってきている状況。

25社全体では、13社が前年よりもランキングを上げており、伸び率(前年比)でも13社が二桁増を示している。

なお、2014年ランキングでは、26位以下100位までの日系NVOは、エアタイガーエクスプレス、日本通運、三菱倉庫、近鉄エクスプレス、リコーロジスティクス、住商グローバルロジスティクス、CDSグループ、日新、三井倉庫の9社。

■問い合わせ
ZepolJapan
南石正和
mnasneki@zepol.jp

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集