グッドマン/グッドマン市川、竣工1か月前にリースアップ

2015年03月04日 

グッドマンは3月4日、東京湾岸に開発中の「グッドマン市川」が、竣工1か月前に100%リースアップしたと発表した。

<「グッドマン市川」建設中>
20150304goodman1 500x306 - グッドマン/グッドマン市川、竣工1か月前にリースアップ

現時点までに3社のカスタマー企業と賃貸借予約契約を締結している。

グッドマン市川は、先進的でハイスペックな総賃貸面積約6万5000m2の4階建て物流施設。JR二俣新町駅から徒歩圏で、施設前のバス停には複数のバス路線が通り、交通利便性の高い立地となっている。

洗練されたデザイン性と機能性を備えた魅力的なアメニティスペースを完備し、従業員の雇用にも有利な施設で、人手の確保に課題を抱えるカスタマーのニーズに対応している。

建物は予定通り2015年3月末に竣工する。

<「グッドマン赤松台」パース>
20150304goodman2 500x305 - グッドマン/グッドマン市川、竣工1か月前にリースアップ

大阪近郊内陸部に位置する神戸市赤松台で開発する最新鋭のBTS(ビルド・トゥ・スーツ)型物流施設(グッドマン赤松台)に関し、丸紅の物流子会社、丸紅ロジスティクス(今年4月1日設立予定)との間に賃貸借予約契約を締結したと発表した。

「グッドマン赤松台」は先進的でハイスペックな総賃貸面積約5万m2の4階建て物流施設。神戸三田ICから1.6km、大阪国際空港から車で30分で交通インフラへの良好なアクセス。2017年下半期に竣工予定だ。

内陸部の戦略的好立地で、周辺には人口集積地もあり、雇用に有利なロケーション。施設を利用するのはアシックス物流で、同社は2015年10月付で丸紅の完全子会社となる予定。

グッドマンジャパンのポールマクギャリー代表取締役社長兼CEOは「当社は、相対取引による土地取得の実績と、カスタマーニーズに対応する物流ソリューションの提供を通じて、日本市場での地位の強化を図ってきた。アベノミクスによる好調な景況感とは裏腹に、厳しさが増す現在の経済状況を踏まえ、高機能な施設を競争力のある賃料で提供することの重要性を痛感している」とコメントしている。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集