ユーピーアール/RFIDのパレット管理システム、実証実験設備開設

ユーピーアールは4月3日、独自開発した新製品、アクティブ RFIDを活用したパレット管理システム「スマートパレット」の実証実験設備をUPRの市原デポに開設したと発表した。

実験会場では製品の仕組みや特長の説明のほか、実際に製品を使用したデモンストレーションを見ることができる。

展示内容は、アクティブRFID「スマートパレット」のほか、装着型アシストロボット「マッスルスーツ」、遠隔監視システム「なんモニ」、位置情報サービス「なんつい」等。

■展示会場
所在地:ユーピーアール市原デポ内
千葉県市原市姉崎海岸113

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集