郵船ロジスティクス/3月期は増収増益、売上高4609億円

2015年04月30日 
関連キーワード:

郵船ロジスティクスが4月30日に発表した2015年3月期決算は、売上高4609億6800万円(前年同期比13.5%増)、営業利益93億300万円(105.7%増)、経常利益100億700万円(102.5%増)、当期利益27億7500万円(111.1%増)となった。

貨物取扱量は、海上事業で日本発は総じて堅調に推移した一方で、アジア発は低調な取扱いが継続し前期比で減少した。

航空事業は、米国の景気回復に伴い好調な荷動きが継続したこともあり、全地域において前期比を上回った。特に当第4四半期(3か月)では、米国西岸の港湾混雑の影響もあり大幅な出荷増となった。さらに、業務改革プロジェクトを継続し、業務効率化やコスト競争力の向上に取り組んだ。

来期は、売上高5000億円(8.5%増)、営業利益95億円(2.1%増)、経常利益100億円(0.1%減)、当期利益33億円(18.9%増)を見込んでいる。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集