外務省/トンガに国内輸送船用埠頭改善計画で無償資金協力

2015年06月10日 

外務省は6月10日、トンガの首都ヌクアロファにおいて33億2000万円を限度とする無償資金協力「国内輸送船用埠頭改善計画」に関する書簡の交換を行ったと発表した。

この計画は、同国のトンガタプ島ヌクアロファ港で、大型国内輸送船専用の埠頭の整備を行うことにより、現在混在している貨物と貨客、国際線と国内線を明確に分けることにより、本来の港湾機能を回復し、安全性の確保と国内輸送、荷役作業の効率化を支援することを目的としている。

計画完了後は、我が国が過去に支援した離島間連絡船「オトワンガ・オファ号」がこの計画によって新設される大型国内輸送船用の埠頭を使用する予定となっており、過去の無償資金協力事業との相乗効果も期待されるとしている。

最新ニュース

物流用語集