日本システムウエア/冷蔵・冷凍倉庫向け倉庫管理システムを提供開始

日本システムウエア(NSW)は8月26日、冷蔵・冷凍倉庫向け管理システム「ORBIS-VI 冷蔵倉庫」の提供を8月31日から開始すると発表した。

<システム全体図>
20150826system 500x410 - 日本システムウエア/冷蔵・冷凍倉庫向け倉庫管理システムを提供開始

短期間で効率的な物流業務を支援する入出庫在庫管理システム「ORBIS(オービス)」シリーズで、NECグループと日本冷蔵倉庫協会が共同開発した「冷蔵倉庫 Ver.II」の後継製品。

新パッケージ「ORBIS-VI冷蔵倉庫」では、「冷蔵倉庫 Ver.Ⅱ」の特長である不定貫管理や冷蔵倉庫特有の倉庫内売買に対応した名義変更機能に加え、荷主とのオンライン(EDI)連携機能や入出庫の一括確定機能などを標準機能として装備した。

管理精度の向上だけではなく、作業効率の向上による物流コストの削減を実現する。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集