GLP/51億円投じ、千葉県柏市にセミマルチ型物流施設を開発

2015年09月01日 

グローバル・ロジスティック・プロパティーズ(GLP)は9月1日、千葉県柏市でセミマルチテナント型の物流施設「GLP柏II」の開発を行うと発表した。

<GLP柏II完成イメージ図>
GLP柏II完成イメージ図

<広域地図>
広域地図

<詳細地図>
詳細地図

2016年2月に着工、2017年1月末に竣工予定。

都心から約30km、常磐自動車道柏ICから約11kmに立地し、近接する国道16号線を利用することで首都圏全域への広域配送に最適で、かつ24時間物流業務が可能な工業団地内の用地。

様々な業種のテナントニーズに対応し、マルチテナント/BTS型いずれにも利用できるように開発する。

各階の倉庫の天井高にバリエーションを持たせた設計となっており、2階を天井高3.5mの高照度フロアとし、流通加工型物流ニーズに対応する一方、3、4階は天井高を6.5mから最大8mとすることで、保管型物流ニーズにも対応が可能。

1階のトラック接車部分は、高床バースだけでなく一部低床バースを設けることで、幅広い業種に訴求できる設計となっている。

GLPは、千葉県下で17棟の物流施設を所有・運営しており、GLP八千代を開発中。全国で所有・運営する施設としてはGLP柏IIが99棟目となる。

■施設概要
施設名:GLP柏II
所在地:千葉県柏市
敷地面積:約1万7000m2
延床面積:約3万2000m2
賃貸可能面積:約3万2000m2
総開発費:約51億円
着工:2016年2月(予定)
竣工:2017年1月末(予定)

最新ニュース

物流用語集