日本郵船/中国電力向け石炭運搬船「新石洋」、竣工

2016年01月18日 

日本郵船は1月18日、建造を進めていた石炭運搬船の「新石洋」が長崎県の大島造船所で竣工したと発表した。

<新石洋>
20160118nyk 500x384 - 日本郵船/中国電力向け石炭運搬船「新石洋」、竣工

新石洋は初代「石洋」の後継船となる運航船で、竣工後は中国電力が運営する火力発電所向けに、主に豪州やインドネシアからの石炭輸送に従事する。

幅広・浅喫水を採用し、通常のパナマックス型船と比べて載貨重量トン数を増加させ、輸送効率を向上させている。

■概要
全長:235.00m
全幅:43.00m
夏期満載喫水:13.073m
総トン数:5万794トン
載貨重量トン数:9万781トン
造船所:大島造船所

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集