キャセイパシフィック/南北アメリカ大陸への貨物ネットワーク増強

2016年07月20日 
関連キーワード:

キャセイパシフィック航空は7月20日、香港と米国・オレゴン州のポートランドを結ぶ路線で貨物専用機による週2便での運航を11月3日に開始(認可申請中)すると発表した。

同航空が貨物専用便を乗り入れる南北アメリカ大陸内の就航都市は、ポートランドへの就航により18都市へと拡大する。

新たに開設するポートランド線は、毎週木・土曜日に香港/アンカレッジ/ロサンゼルス/ポートランド/アンカレッジ/香港というルートで運航する。

キャセイパシフィック航空が保有する貨物専用機の中で最大の搭載能力を誇る最新鋭のボーイング747-8F型機が投入する。

新需要の拡大に応えるもので、香港を拠点とするキャセイパシフィック航空の国際航空貨物ネットワークを活用し、太平洋北西沿岸地域と米国内で生産されるさまざまな商品をアジア各地へと輸送する。これにより荷主の選択肢が広がり、より一層の利便性をもたらす。

ボーイング747-8F型機は、増加が見込まれるポートランドとその周辺地域からの履物類や衣料品の準完成品、電子製品、生鮮食品などにより多くの貨物搭載スペースを提供することが可能。

ポートランドは米国北西部へのeコマース関連貨物の物流拠点として急成長している。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集