LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

日通/4~6月の売上高5.2%減、営業利益2.1%増

2016年07月29日/決算

日本通運が7月29日に発表した2017年3月期第1四半期決算によると、売上高4495億1100万円(前年同期比5.2%減)、営業利益107億7800万円(2.1%増)、経常利益135億8400万円(2.4%増)、当期利益73億7100万円(10.1%減)となった。

前期に比べ、前年の米国西海岸港湾混雑の影響による航空輸出入貨物増加の反動減、石油販売単価の下落、円高による為替の影響等により、警備輸送セグメントを除き、各セグメントで減収となった。

利益は、米州、欧州、東アジア、警備輸送、重量品建設、物流サポートの各セグメントは減益となったが、利用運送費や外注費、燃油費等の減少と新規連結会社が加わったこと等により、日本、南アジア・オセアニアの各セグメントは増益となった。

通期は、売上高1兆8440億円(3.4%減)、営業利益570億円(4.1%減)、経常利益630億円(1.0%増)、当期利益360億円(1.0%増)を見込んでいる。

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

3PL・物流企業に関する最新ニュース

最新ニュース