三菱ふそう/ケニアで高出力の超大型トラック新モデルを発売

三菱ふそうトラック・バス(MFTBC)は9月2日、ダイムラー・トラック・アジア(DTA)傘下のDaimler India Commercial Vehicles(DICV)と協力し、高出力の超大型トラックを世界に先駆けてケニアで販売開始したと発表した。

<大型トラックの新モデル「TV」>
20160902mftb 500x303 - 三菱ふそう/ケニアで高出力の超大型トラック新モデルを発売

連結車両総重量(GCW)65トンの「TV 3340Sトラクター」は、6気筒・400馬力・11.97リットルの新しいエンジン「OM457」を搭載。同エンジンの性能・効果は成熟市場ですでに証明されているとしている。

同車両には12段マニュアルトランスミッションに加え、多彩な車両仕様に対応できるリヤアクスル比の最適化を図ったハブリダクションを採用した。さらに、寝台付きの大きなキャビンも備えている。

ダイムラーの技術プラットフォームをベースとして開発した同車両は、十分な積載と優れた燃費性能という、ケニアのコンテナ輸送業者の要望に応えるよう設計した。ケニアにおいてFUSOは、燃費の良さと丘陵地での優れた性能で高い評価を得ているという。

なお、FUSOは2013年から新型トラックをケニア、タンザニア、ウガンダ、ナイジェリア、南アフリカで販売している。今回発売する「TV」トラクターを含む車両は、インド・チェンナイにある最先端の工場で生産され、アフリカ市場へ輸出されている。新車両が加わることで、製品ラインアップはさらに拡大され、多くのインフラ事業が計画されているケニアで、顧客の選択肢が広がる。2016年3月にはモンバサ工場で、新型トラックのKD生産を開始した。

■概要
TVトラクター 6×4
型式:TVY2SJR2R
乗車定員:3(1+2)人
エンジン型式:OM457 LA-E3(11.970L)
最大出力:400馬力/1,900rpm
最大トルク:2000Nm/1,100rpm
トランスミッション:G330 – 12段MT
燃料タンク容量:455L

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集