LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

商船三井グループ/人工知能型ERP導入へ

2016年09月26日/SCM・経営

  • 関連キーワード
  • ゼロ

ワークスアプリケーションズは9月26日、商船三井システムズより、次世代人事システム基盤として人工知能型ERP「HUE HR Core」「HUE Payroll」「HUE Attendance Management」「HUE Expense」を受注したと発表した。

商船三井グループを情報システム分野で支える商船三井システムズは自社の次世代人事システムとして人工知能型ERP「HUE」を採用することで、徹底的な効率化と人事ビッグデータ分析による、 あるべき人事業務運用の設計を実現。

画像認識技術によるデータの自動入力や業務ログデータを分析した入力予測によって入力作業をほぼゼロに近づける。

機械学習による人事データの分析結果を誰でも簡単に扱えるようになることで、 経営層や現場管理者の人事データの利活用を促進する。

最適な運用設計を、 将来的にグループ各社へ展開することも視野に入れている。

商船三井グループは2016年8月にはAIを用いた横浜国立大学との海運ビッグデータ活用に関する共同研究を開始するなど、IT技術の利活用を積極的に進めている。

人事業務領域においても、AIを含む最新の技術を用いてさらに業務のシステム化・高度化を進めることで、定型業務を減らし、創造力の必要な業務へと「業務の質」の変革を目指す。

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

3PL・物流企業に関する最新ニュース

最新ニュース