LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

山九/オマーンで石油コークス装置オペレーションとメンテナンスを受注

2016年10月24日/国際

山九は10月24日、7月末日にオマーンでソハール製油所の石油コークス装置オペレーションとメンテナンス業務の契約をし、業務を受注したと発表した。

<位置図>
20161024sankyu 500x400 - 山九/オマーンで石油コークス装置オペレーションとメンテナンスを受注

受注したのは、オマーン大手の石油精製・化学品会社であるORPIC社が運営するソハール製油所。

作業内容は、コークカッティングオペレーション、コークス保管取扱、コークスのダンプトラック輸送と機器メンテナンス。

契約期間は4年間で1年更新最大2年のオプションも有している。

受注に至ったのは、サウジアラビアでの製油所関連のメンテナンスやオペレーションサポート(の実績と経験を山九が豊富に有していたため。

石油の精製過程で副産物として発生する石油コークスの切断作業コークカッティングオペレーションにおいても、毎日千数百トンの大量に発生する石油コークスに対応できる十分な実績を日本国内とサウジアラビアで有していることが評価された。

ソハール製油所は2006年に完成した11.6万BPD(1日当たりの原油生産量)の製油所。

現在は19.7万BPDを目指した拡張工事中で、山九は今年12月頃からの作業開始を目指し機材や要員などの準備とともに、山九サウジアラビアのオマーン支店を開設準備中。

オマーン支店は準備が整い次第現地法人化する。なお、オマーンでの山九グループとして初めての拠点となる。

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

3PL・物流企業に関する最新ニュース

最新ニュース