LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

ファミリーマート/梱包資材を全面刷新、開封作業がしやすい新設計

2016年10月24日/SCM・経営

ファミリーマートは10月24日、、店舗での開封作業性と販売促進力の向上を目的に、レンゴー協力のもと、プライベートブランド「FamilyMart collection」のナチュラルミネラルウォーター「ファミマの天然水-新潟県 津南-」(350ml/555ml)と「ファミマの天然水-長野県 安曇野-」(2000ml)の梱包資材を、10月下旬から順次変更すると発表した。

<ファミマの天然水-新潟県 津南->
20161024famima1 500x159 - ファミリーマート/梱包資材を全面刷新、開封作業がしやすい新設計

<ファミマの天然水-長野県 安曇野->
20161024famima2 500x150 - ファミリーマート/梱包資材を全面刷新、開封作業がしやすい新設計

“商品の梱包から、お客さまの手に届くまでのあらゆる課題を解決する新設計”をコンセプトに、レンゴーが開発した「レンゴー スマート・ディスプレイ・パッケージング(RSDP)」を採用した段ボールに変更するもの。

従来と比較し少ない力で開封ができるため、女性やシニアのストアスタッフなどの作業負担を軽減する。また、ディスプレイ性も高めていることから、より自由度のある商品陳列が可能となる。

特徴は、開封時に手を入れ易く、怪我等を防止。さらに、少ない力で開封できるイージーオープン化。品出しにもディスプレイにも対応する、2WAYでの開梱が可能だ。

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

IT・機器に関する最新ニュース

最新ニュース