BAKE/15億円投じ、初の自社工場を札幌市白石区に建設

2016年10月31日 

洋菓子製造・販売のBAKEは10月31日、国内海外での急速な店舗拡大に伴い、海外輸出用の半製品を製造する初の自社工場を北海道札幌市・白石区に建設し、11月1日に竣工すると発表した。

<外観イメージ>
外観イメージ

洋菓子製造・販売のきのとやのグループ会社であるBAKEは、これまで道内のきのとや工場で各商品を生産してきたが、国内海外での急速な店舗拡大に伴い、初となる自社工場を竣工する。

総工費15億円を投資し、北海道で約80名のスタッフを新たに採用。

主に海外輸出用の焼きたてチーズタルト「BAKE CHEESE TART(ベイク チーズタルト)」と焼きたてアップルパイ「RINGO(リンゴ)」の半製品を製造する。

海外でも支持されている「ベイク チーズタルト」は、工場のみで年間3500万個以上の製造を予定している。

飛行機の格納庫をイメージした外観デザインと、海外輸出用のコンテナを直接工場につけ、ダイレクトに輸出することが可能な巨大搬出口を設えるなど、北海道から世界各国に進出するBAKEの躍動感を表現している。

BAKE新自社工場 概要
所在地:札幌市白石区本通17丁目北3-10
従業員数:約80名
敷地面積:2926.18m2
延べ床面積:2211.91m2
建築面積:2048.49m2
総工費:約15億円
生産品目:海外輸出用のBAKE CHEESE TART「焼きたてチーズタルト」、RINGO「焼きたてカスタードアップルパイ」

最新ニュース

物流用語集