ESR/250億円投じ、埼玉県の東京理科大跡地に15万m2の物流施設着工

2017年05月26日 

ESRは5月26日、埼玉県久喜市で延床面積15万m2のマルチテナント型物流施設を6月1日に着工すると発表した。

<イーシャンレッドウッド(ESR)久喜ディストリビューションの完成予想図>
イーシャンレッドウッド(ESR)久喜ディストリビューションの完成予想図

<中域図>
中域図

<近郊図>

<1階平面図>
1階平面図

埼玉県久喜市の東京理科大学跡地の一部(約8万1000m2)を取得し、「イーシャンレッドウッド(ESR)久喜ディストリビューション」を開発するもの。総投資額は約250億円。

立地は、東北自動車道久喜ICから約1.5㎞、圏央道久喜白岡JCTより約5.5㎞、県道12号川越栗橋線に容易にアクセスできる立地。

圏央道によって、東名高速、中央自動車道、関越自動車道、東北自動車道、常磐自動車道、東関東自動車道が結ばれ、首都圏・東北地方への交通アクセスに優れる。

周辺には清久工業団地や久喜菖蒲工業団地、白岡工業団地などがあり、工場、物流施設が集積している。

建物は地上4階建の耐震構造で、両端に上り下り専用のランプを設置し、3階までトレーラー、コンテナ車が直接アクセス可能。延床面積約15万6000m2となり埼玉県内では最大級となる。

ワンフロア当たりの面積は約3万5000m2と広大で、大手荷主の利用や大規模な拠点集約など、幅広いスペース需要に対応する。

雇用確保の面では、周辺に14万人の人口を抱え、久喜駅から2.5㎞で市バスによる通勤も可能となるなど従業員確保には好環境。

ESRの基本理念である「HUMAN CENTRIC DESIGN」(人に優しいデザイン)に基づき、託児所、カフェテリアなど快適なアメニティを導入。再生可能エネルギー積極活用し、環境負荷の低減にも最大限配慮した最先端の物流施設を提供する。

<ESRのスチュアート・ギブソンCEO>
ESRのスチュアート・ギブソンCEO

ESRのスチュアートギブソンCEOは「大学のキャンパスを物流センターに開発することは決して容易なことではなく、東京理科大学、久喜市の指導と決断に感謝する。この開発が久喜市の地域活性化につながるよう全力で努力する」と話した。

また、松波秀明取締役は「テナントの引きは強く、全棟貸しの企業を含め、既に満床以上の規模でさまざまな企業と交渉をしている。その多くが3PL企業となっている。立地の良さがポイントになっている。2018年9月の竣工までに入居率100%を目指したい。今後CASBEE(建築環境総合性能評価システム)なども受けていくつもりだ」と述べた。

■イーシャンレッドウッド(ESR)久喜ディストリビューションの概要
所在地:埼玉県久喜市下清久500
敷地面積:約8万1000m2
延床面積:約15万6000m2
着工:2017年6月1日(予定)
竣工:2018年9月末(予定)
構造・階数:S造・地上4階建

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集