LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

商船三井/建造する運航船2隻に次世代型機関状態監視システム搭載

2017年07月19日/IT・機器

商船三井は7月19日、新たに建造する運航船2隻に、ClassNKコンサルティングサービスが提供する次世代型機関状態監視システム“ClassNK CMAXS(クラスエヌケー・シーマックス)”を搭載すると発表した。

対象の2隻には、主機関や発電機関、補機類を一括して運用・管理できるシステム「CMAXS共通プラットフォーム」上に、三井造船が提供する主機関向けのデータ分析機能“CMAXS e-GICSX(シーマックス・イージックスエックス)”を搭載する。

加えて、ダイハツディーゼルが提供する発電機関向けの機関運用支援サービス“CMAXS-LCA(シーマックス・エルシーエー)”を組み合わせたシステム。

また、発電機関に搭載する遠隔監視センサを従来機関より数・種類ともに充実させることで、“CMAXS-LCA”による発電機関のより的確な状態監視と効果的な自動診断を目指す。

関連記事

IT・機器に関する最新ニュース

最新ニュース