東栄リーファーライン/4~9月の売上高4.5%増、営業利益38.5%減

2017年11月08日 
関連キーワード:

東栄リーファーラインが11月8日に発表した2018年3月期第2四半期決算によると、売上高38億4200万円(前年同期比4.5%増)、営業利益6100万円(38.5%減)、経常利益1億100万円(23.9%増)、当期利益1億1100万円(281.2%増)となった。

海運事業は、全海域での漁獲量減少ならびに競合他社運搬船増隻の影響を受け、各運搬船の予定航海日数伸長による運航コスト増大により、売上高14億2000万円(4.8%減)、営業利益1億1300万円(21.2%減)と減収減益となった。

通期は、売上高82億円(3.9%増)、営業利益6億円(3.0%減)、経常利益6億円(7.6%減)、当期利益4億円(11.9%減)を見込んでいる。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集