LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

クラリオン/トラック荷台上部の死角をカバーする後方カメラシステム発売

2018年11月27日/IT・機器

クラリオンは11月27日、トラックの荷台上部の死角による後退時の庇(ひさし)や看板などとの物損事故軽減を目的とする車載後方カメラシステム「ひさしマーカー」を、2019年1月から発売すると発表した。

<ひさしマーカー>
20181127clarion 500x194 - クラリオン/トラック荷台上部の死角をカバーする後方カメラシステム発売

ひさしマーカーは、後退時の車両後方映像に、車体から1m、5m位置の荷台高プラス20cm、車幅プラス左右各30cmの大きめな車体外枠を示す空間マーカーを表示するカメラシステム。

クラリオン製の垂直画角が広い超広角カメラ「CC6300A」または「CC6352A」と、空間マーカーを表示するECU(Electronic Control Unit、電子回路を用いてシステムを制御するユニット)「EG4036A」で構成する。

従来の車載後方カメラは画角によって垂直視野に限界があるが、新システムは車両後退時の視認性を大幅に向上することが可能。導入することで、建物の出入口に設置された日除けや雨除け用の庇、看板などとトラックの接触による物損事故の軽減効果が見込める。

対象車両は、車両高が2~3.8mのトラックや観光バス、大型ワゴン車など。

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

IT・機器に関する最新ニュース

最新ニュース