良品計画/高速バスで農産物輸送の実証実験

2020年02月17日 

良品計画は2月17日、高速バスのトランクを活用した農産物輸送の実証試験を、2月17日~3月31日にかけて実施すると発表した。

<鴨川産のレモンやレンコンを銀座の店舗で販売する>

実証実験は、千葉県鴨川市から委託を受けた「生鮮品等貨客混載業務」として、高速バス運行会社の日東交通と共同で実施。鴨川市の野菜を安房鴨川~東京線の高速バス「アクシー号」のトランクを活用して都内へ輸送し、「無印良品 銀座」で販売する。

貨客混載によって輸送コストを抑え、小規模生産者の負担低減と販売価格の抑制を図る狙い。あわせて、「レモン」や「レンコン」などの鴨川市の農産物を知り、触れる機会を創出することで、同市農産物のブランド化につなげることを目指す。

■「生鮮品等貨客混載業務」実証試験概要
実施期間:2月17日~3月31日 ※週2回実施(月曜日、木曜日)
運送区間:「アクシー号(安房鴨川~東京線)」
運送農産物:レモン、レンコン等
販売場所:「無印良品 銀座」1F青果売場

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集