トナミ運輸/バドミントン部の選手をデザインしたトラックを披露

2020年03月11日 

トナミ運輸は3月10日、ブランド戦略として、「トナミ運輸とバドミントンのブランドコミュニケーション」に取り組んでいると発表した。

<左側面からのトラックデザイン>

左側面からのトラックデザイン

<右側面からのトラックデザイン>

右側面からのトラックデザイン

その一環として、トナミ運輸バドミントン部の選手をモチーフにしたデザイントラックを作製し、トナミ運輸本社前で披露した。

トナミ運輸バドミントン部は、共に世界選手権準優勝の園田・嘉村ペア、保木・小林ペア。常に日本のトップで世界でも活躍している西本選手、常山選手らを擁し、S/Jリーグ4連覇の実績を誇る男子チームに女子の大堀選手、仁平選手を加えた日本屈指のバドミントン部だ。

トナミ運輸バドミントン部は創部30周年の年でもあり、所属先である自社ブランドのために全面協力する体制があり、それが企業ブランディングに活用するきっかけともなっている。

トナミ運輸や働く人々が持っているパッションやアグレッシブさをバドミントン部の選手たちを通して感じてもらうようにコミュニケーションを設計。トナミ運輸の企業姿勢とバドミントン選手としての姿勢を重ね合わせ、メッセージを「GO! NEXT! 次のスピードに挑む。次の精度に挑む。」とした。

最新ニュース

物流用語集