日本郵船/船員向け電子通貨の流通開始

2020年03月13日 

日本郵船は3月13日、フィリピンのTransnational Diversified Groupと共同で運用する船員向け電子通貨プラットフォーム「MarCoPay」について、初の洋上での決済が実施されたと発表した。

船上での電子決済のようす
MarCoPay の使用画面

航海中の不安定な通信環境下で、船員はMarCoPayを利用してスムーズに日用品を購買することができた。

今後は、船員から家族への送金などのサービスを含むMarCoPayのフルローンチに向けて準備を進めるとともに、自社運航フリート、他船主・管理会社向けに導入を拡大し、決済・送金業務の効率化を通じて船上でのキャッシュレス化を目指す方針。

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集