郵船ロジ/上海保税倉庫で医療機器関連物流サービス開始

2020年03月19日 

郵船ロジスティクスは3月19日、中国法人の合弁会社Shanghai NYK-ANJI Logisticsが、中国NMPA(国家薬品監督管理局)による医療機器取扱専用ライセンスを取得した上海市臨港保税地区の倉庫で、医療機器関連物流サービスの提供を開始したと発表した。

<倉庫内観>

倉庫の面積は5000m2で、中国NMPAが定める医療機器カテゴリー全ての取り扱いが可能。倉庫には温度制御された定温庫が3つあり、温度と湿度の自動監視システムが稼働している。

倉庫には、顧客情報管理システムと連動できるWMSシステムも備えてあり、入出庫・在庫 数の確認のみならず温湿度履歴管理も可能。また、TMS(運行管理システム)によって配送オーダーの管理からKPI管理まで一元管理が可能で、端末専用アプリでタイムリーにカーゴトラッキングをすることもできる。

■新倉庫の概要
名称:Shanghai Medical Device Warehouse (SMDW)
住所:288 Tongwang road, Pudong Xin district, Shanghai city, China
倉庫面積:5000m2

最新ニュース

物流用語集