サンデンRS/埼玉県草加市に物流総合効率化法認定の物流拠点

2020年04月01日 

サンデン・リテールシステム(サンデンRS)は3月31日、埼玉県草加市で同社首都圏最大の物流拠点「首都圏物流センター」を竣工した。

<外観>

<倉庫内観>

<防水カーテンで区切った400m2の洗浄スペース>

敷地面積1万4000m2、地上2階建て延床面積1万3000m2の施設で、大和物流の草加物流センター全体を賃貸している。4月20日からコールセンターの稼働を開始し、5月7日から本格稼働の予定。

大和物流とサンデンRSが共同で物流総合効率化法の認定を受けた施設で、サンデンRSは各拠点の機能を首都圏物流センターに集約化し、物流のさらなる効率化を実現する。

具体的には、首都圏支社、サービス・物流本部、受付センター(コールセンター)に加え、グループ会社のエスディ・メンテナンス(SDM)の機能を集約し、製品の配送・設置業務、修理、整備、廃棄までを一貫して手掛けることが可能となる。

また、首都圏物流センターではSDMと協業し、施設内にCVS研修室(コンビニエンスストア模擬店舗)を設置。施工や故障診断等の技術訓練、接客応対等の教育訓練をはじめ実験的な試みを実施し、社員やパートナー会社と共に積極的に活用する。修理・整備作業についてもセンター内で作業標準を決めることで、全国で統一した整備の技術を担保することが可能となり、作業時間の短縮による効率化も図れる。

そのほか、冷蔵・冷凍ショーケースの整備量増加に対応するため、作業場面積を従来比3倍の2381m2に増床。作業を高効率化するため、大容量エアコンプレッサーや固形炭酸洗浄機を導入するほか、6月には食品衛生機器を整備するためのクリーンルームも設置する予定だ。

建設地は、東京外環自動車道「外環三郷西IC」から4.4kmに位置し、都心部に隣接したロケーションと各主要高速道路や幹線道路へのアクセスが良好で、首都圏に加え北関東や東北地方など広域エリアを網羅できる立地となっている。

■サンデンRS首都圏物流センターの概要
所在地:埼玉県草加市柿木町1200-1(大和物流草加物流センター内)
敷地面積:1万4482m2
延床面積:1万2939.70m2
構造・規模:鉄骨造地上2階建て・低床式ホーム構造
床荷重:1階2トン/m2、2階1.5トン/m2
搬送設備:貨物用エレベーター2基、垂直搬送機2基
アクセス:外環道「外環三郷西IC」4.4km、「草加IC」5.6km
JR武蔵野線「越谷レイクタウン駅」2.0km
竣工:3月31日
稼働:4月1日

最新ニュース

物流用語集