関通/関西主幹センターにinVia Robotics社製AGV200台導入

2020年04月14日 

関通は4月14日、ECの規模拡大に対応するため、inVia Robotics社とAGV(無人搬送車)の導入について基本合意したと発表した。

<inVia Robotics社のAGV>

関西主幹センターに約200台の自立移動ロボットとAI駆動ソフトウェアを含むinVia Robotics社のモジュール式自動化システムを導入し、ECにおけるセンター運営プロセスを最適化し、生産性を飛躍的に効率化させる。

システムは、ピッキングだけではなく、倉庫への格納、補充、在庫管理精度向上にも効果があると見込んでおり、最大活用に向けて今後協議を継続する方針。

関通社内で導入するとともに、自社開発WMS(倉庫管理システム)「クラウドトーマス」と連携を行い、クラウドトーマスとinViaの販売に向けた協議を今後並行して継続していくとしている。

■inVia Robotics導入センター概要
名称:関西主管センター
所在地:兵庫県尼崎市扇町20
延床面積:1万4700坪

最新ニュース

物流用語集