三井倉庫/新規日中間コンテナサービスの総代理店業務を開始

2020年04月28日 
関連キーワード:

三井倉庫は4月28日、中国遼寧省に本社を持つ華信集装箱運輸(HUAXIN CONTAINER LINES)の日本総代理店として指名され、業務を開始すると発表した。

華信集装箱運輸は、1998年に設立された遼寧省営口港及び大連港を拠点に中国国内内航コンテナサービスと国際バルクサービスを有する大手海運企業集団「信風海運物流(TRAWIND SHIPPING)」の外航コンテナー部門を担う企業で、今回、外航定期コンテナ航路進出の第一歩として、江蘇省~日本主要港サービスを5月中旬から開設する。

このサービスは、400TEUクラスのコンテナー船2隻を投入し、中国江蘇省張家港と関東(東京、横浜)、中部(名古屋)、関西(大阪、神戸)をウィークリーで結ぶもの。日本へは5月19日の大阪、神戸を皮切りに、その後東京、横浜、名古屋に順次寄港を予定している。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集