近鉄エクスプレス/3月期の売上高8.0%減、営業利益5.2%減

2020年05月13日 

近鉄エクスプレスが5月13日に発表した2020年3月期決算によると、売上高5445億3300万円(前年同期比8.0%減)、営業利益197億1400万円(5.2%減)、経常利益174億3200万円(12.6%減)、親会社に帰属する当期純利益47億2400万円(52.1%減)となった。

セグメントの業績は、日本が売上高1368億800万円(6.1%減)、営業利益46億6700万円(19.2%減)。

米州が売上高587億9300万円(7.4%減)、営業利益37億5500万円(4.4%増)。

欧州・中近東・アフリカが売上高353億9100万円(15.6%減)、営業利益3億2100万円(77.1%減)。

東アジア・オセアニアが売上高939億4700万円(7.5%減)、営業利益51億2500万円(1.3%減)。

東南アジアが売上高547億8300万円(5.5%減)、営業利益23億200万円(13.5%減)。

APLLが売上高1771億4700万円(9.1%減)、営業利益91億1800万円(9.7%増)となった。

なお、2021年3月期の連結業績予想は、新型コロナウィルスの影響により現時点で合理的に予測することが困難と判断し、未定としている。

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集