川崎重工/「空飛ぶ軽トラック」の浮上試験に成功

2020年05月18日 

川崎重工業は5月18日、「空飛ぶ軽トラック」の可能性を検証する大型ハイブリッドドローン試験機の浮上試験に成功したと発表した。

<岐阜工場で行った浮上試験>

試験機は、モーターサイクル&エンジンカンパニーが、航空宇宙システムカンパニーと技術開発本部の協力を得て、機体構想検討から設計・製作までを担当。全長7m×全幅5m×全高2m、200kg以上の貨物を搭載し、100km以上を飛行できる。

高性能モーターサイクル「Ninja ZX-10R」 のエンジン3台で発電した電力を主な動力源としており、電力の負荷変動を補う補助電源として蓄電池を採用。これにより、大出力を長時間持続することが可能になっている。

川崎重工では、この大型ドローンをヘリコプターと小型ドローンの中間に位置付けており、ヘリコプターでは経済的に困難な近・中距離の中量物資輸送に活用を見込んでいる。

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集