パナソニック/サプライチェーンのBlue Yonderに戦略的投資

2020年05月20日 

パナソニックは5月20日、 エンドツーエンドのサプライチェーン・ソフトウェアの専門企業であるBlue Yonderに戦略的株式投資(20%)を行うことを決定し、最終合意に至ったと発表した。

これはBlue Yonderの企業価値55億ドルに基づいた株式投資で、 パナソニックは限定的な少数株主として株式を所有、Blue Yonderの取締役会9議席のうち、1議席が与えられる。

今回の投資により、2019年4月に発表された日本での合弁事業を含む、2社間の戦略的パートナーシップを拡大する。これにより、パナソニックとBlue Yonderは共に、オートノマス(自律的な)サプライチェーンの実現を加速する。モノのインターネット(IoT)を介してエッジテクノロジーを活用したBlue Yonderのプラットフォームは、機械学習によって、より迅速で、状況の変化を踏まえたビジネス上の意思決定を促進し、自律的な成果を提供する。

日本市場においては、パナソニック システムソリューションズ ジャパンが、パートナー企業との連携を通じて、Blue Yonderの現行のLuminateソリューションを販売するのに加え、Luminateプラットフォーム上で、需給の予測や、在庫・労働力の最適化、および業務効率化など、顧客企業の能力を強化する新たなソリューションを共同開発することで成長を促進していくとしている。

パナソニックの樋口泰行専務執行役員・コネクティッドソリューションズ社社長は、「現在のサプライチェーンにおいては、急速に変化し、多様化する顧客ニーズへの対応、人手不足や作業効率の悪さなど数多くの課題が存在する。サプライチェーン分野の専門家集団であるBlue Yonderとの連携強化により、より多くの顧客にさらなるお役立ちを提供できると確信している。そのために、Blue Yonderがグローバルに提供する先進的なソリューションとビジネスモデルを深く学ぶことで、当社はソリューションレイヤーへステップアップを図り、現場プロセスを革新するグローバルリーディングカンパニーになることを目指してく」と述べている。

なお、Blue Yonderは、世界最大のサプライチェーン・ソフトウェア専門企業として、35年以上の豊富な歴史を有している。Blue YonderのAI搭載ソリューション群は、サプライチェーン計画から実行、物流、小売業務、eコマースまで、エンドツーエンドのバリューチェーンを最適化および最新化することで、世界中の3300を超える企業顧客に大きなビジネス価値をもたらしている。

最新ニュース

物流用語集