日本GLP/GLP八千代IIを142億円で売却

2020年05月29日 

日本GLPは5月29日、千葉県八千代市の物流施設「GLP八千代II」を142億円で売却すると発表した。

<GLP八千代II>

ブリッジ・スキームを活用し、みずほ証券が匿名組合出資に係る私募の取扱いを行うブリッジSPC「ブルーロジスティクス5合同会社」へ一旦売却した後、一定期間を経て優先交渉権を持つGLP投資法人が買い取る。

日本GLPの帖佐 義之社長は「この取引はキャピタル・リサイクル戦略に基づくもので、ファンド・マネジメント・プラットフォームの拡大につながる。新型コロナウィルスの影響が各方面に及ぶ中で継続的に戦略を展開できるのは、物流不動産ビジネスが堅調な証だ。今後もGLPは、日本での開発プロジェクトをさらに進めていく」とコメントしている。

■GLP八千代IIの概要
所在地:千葉県八千代市緑が丘西8-7-2他(地番)
敷地面積:2万8039.03m2
延床面積:5万4406.44m2
竣工時期:2020年3月9日

最新ニュース

物流用語集