小田急不動産/千葉県船橋市で物流施設開発地取得

2020年06月03日 

小田急不動産は6月3日、千葉県船橋市の物流開発地を取得したと発表した。

<現地写真>

取得した土地は、千葉県湾岸地域の物流施設集積エリアに所在する工場跡地で、敷地面積は6300m2。現時点で具体的な建設計画は未定だが、2022年春頃の竣工を目指している。

建設した施設は一定期間賃貸運用した後、投資用不動産として売却する予定。都心へのアクセスが良好なことから、立地特性を生かして飲料や食品、IT機器等の業種を中心としたテナントニーズを見込んでいる。

小田急不動産は、2月に千葉県印西市の用地を取得し物流施設開発事業へ参入。船橋市の物件が第2弾となる。

■物件概要
敷地面積:6314m2
所在地:千葉県船橋市浜町3-2-3(地番)
交通:JR京葉線「南船橋駅」徒歩16分
東関東自動車道「谷津船橋IC」1.65km
用途:準工業地域
建ぺい率:60%
容積率:300%

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集