東京ロジファクトリー/埼玉県鶴ヶ島市に2.2万m2物流センター

2020年06月03日 

東京ロジファクトリーは6月1日、埼玉県鶴ヶ島市に「鶴ヶ島物流センター」を開設した。

<外観>

鶴ヶ島物流センターは、鶴ヶ島市、川越市、坂戸市に跨る富士見工業団地に位置し、圏央道・関越道の交差する「鶴ヶ島JCT」や、各ICから至近の立地。配送面での利便性に加え、周辺には住宅が多く最寄り駅からも徒歩圏でバス通勤も可能なため、雇用確保にも優位性を備えている。

倉庫は、バースに12mの大庇を設けたことで、車両の取り回しや荷役作業の利便性を向上。搬送設備は両面開きのエレベーターと垂直搬送機を計4基備え、十分な搬送能力を確保してあり、3階部分は通常柱スパンをとばし保管効率を高めている。

また、2・3階には空調設備を完備し、28℃以下での荷物保管を可能にしたほか、人手が必要な流通加工業務に携わる労働環境の整備にも配慮した。

東京ロジファクトリーは、首都圏に特化した総合物流サービスを展開しており、国道16号線や、圏央道沿線に物流センターを多く構えている。鶴ヶ島物流センター近隣にも複数の既存センターがあり、拠点間での物量の波動などにも対応する。

■東京ロジファクトリー 鶴ヶ島物流センター
所在地:埼玉県鶴ヶ島市富士見6-1-23
交通:東武東上線「若葉駅」1.1km
関越道「鶴ヶ島IC」3.2km
圏央道「坂戸IC」4.7km
敷地面積:1万2159.04m2
延床面積:2万2315.50m2
規模:鉄骨造3階建て
稼働開始:6月1日

最新ニュース

物流用語集