大和物流/沖縄の大型商業施設で一気通貫物流サービス開始

2020年06月18日 

大和物流は6月18日、沖縄県豊見城市にオープンする大型商業施設「iias(イーアス)沖縄豊崎」で、入居するテナント企業の貨物を、生産工場や倉庫などの出荷元から施設内の店舗までカバーする一気通貫の物流サービスの提供を6月19日から開始すると発表した。

<共同海上幹線輸送サービスのフロー図>
共同海上幹線輸送サービスのフロー図

「イーアス沖縄豊崎」において、出荷元からこの施設までの輸送だけでなく、施設内のラスト ワンマイルの物流業務も一括して担うことで、物流全体を効率化し、物流費用の低減ならびに施設のセキュリティ向上を図る。

大和物流は、「イーアス沖縄豊崎」に入居するテナント企業への物流ソリューションとして、小口の貨物を1本のコンテナに積み合わせる海上輸送サービス「共同海上幹線輸送サービス」を提供する。

コンテナ1本を貸し切るには不経済なテナント企業におすすめのサービス。このサービスでは、東京港・大阪港・博多港近隣に集積場を設け、テナント企業から集荷した貨物や持ち込まれた貨物を混載し、那覇港へ海上輸送を行った後、「イーアス沖縄豊崎」まで陸上輸 送する。混載輸送会社による輸送サービスと比較して最大約2割の物流費用を抑えられるとともに、一般的な海上コンテナ輸送よりも到着日数も短縮されるなど、安定的かつ効率的な輸送サービスとなる。

<館内物流の様子>
館内物流の様子

また、館内物流サービスでは、荷捌場管理で、納品車両の入退管理を行い、セキュリティの向上に繋げる。新型コロナウイルス禍の中で、物流会社の入退館者を管理・制限することで、経路確認・感染拡大防止にも繋げることができるとしている。

テナント企業への荷物は、大和物流が荷捌場で一括して受取り、店舗別に仕分けた後、配送することで、テナント企業の作業効率の向上に寄与できる。

また、配送業務を集約することで、周辺地域での物流車両による混雑や排気ガスの抑制ができる。今後、大和物流は館内物流サービスを展開することで、セキュリティ向上や混雑緩和に繋げ、商業施設の付加価値向上に貢献するとしている。

■施設概要
名称:iias(イーアス)沖縄豊崎
所在地:沖縄県豊見城市豊崎3番35
敷地面積:7万1499m2
事業主体:大和ハウス工業
運営管理:大和情報サービス
開業:2020年6月19日

最新ニュース

物流用語集