北極海航路/シベリア異常気象で北東航路の開通早まる

2020年06月29日 

ウェザーニューズは6月29日、2020年の北極海の海氷傾向を発表した。

<北極海の海氷分布(6月27日時点)と2020年の予想開通期間(赤・黄色)>

<超小型衛星「WN1SAT-1R」で撮影したカラ海(6月8日撮影)>

それによると、今夏の北極海航路の開通は、北東航路(ロシア側)が8月中旬から、北西航路(カナダ側)が9月中旬からとなる見通し。

北東航路では、シベリア北部ベルホヤンスクで観測史上最高の38度が記録されるなど、シベリア周辺で異例の高温が続いており、海氷の融解が早く進むことが予想されることから、2019年の8月20日よりやや早い開通が見込まれる。

北極海航路は、地球温暖化の影響で海氷の融解が進んでおり、航海距離短縮によってコストを節約できるという利点から、北極海で生産された液化天然ガスを運搬するLNG船の主要航路となっている。

北極海の海氷域面積は例年、冬季の2〜3月に年間最大、夏季の9月に年間最小となる傾向がある。2020年は9月中旬に海氷域面積が今年最小の約423 万kmまで減少する見通しで、これは1979年の観測開始以来5番目に小さい面積となることが見込まれている。

最新ニュース

物流用語集