東芝テック/7月10・15日、物流・倉庫業向けRFIDシステム紹介

2020年07月01日 

東芝テックは、7月10日に「物流現場の省人化、省力化を実現する物流IoTソリューションセミナー」、7月15日に「RFID等の活用による資産管理・商品管理セミナー」を、それぞれオンラインで開催する。

7月10日のセミナーは、東芝デジタルソリューションズとの共催。製造・物流現場の省人化、効率化、物流現場オペレーションの改善を模索中の企業向けに、RFIDを活用したトレースシステムや、業務効率化を支援するRFID製品を紹介する。

7月15日のセミナーは、ネットレックスとの共催。資産や商品の管理レベルを人手をかけずに向上させたい企業を対象に、自動認識技術を用いた資産物品管理・棚卸しや、倉庫業務向けのRFIDパッケージシステムを紹介する。

■開催概要
「物流現場の省人化、省力化を実現する物流IoTソリューションセミナー」
日時:7月10日(金) 16:00~17:15
会場:オンライン開催
参加費用:無料
主催:東芝テック
共催:東芝デジタルソリューションズ
定員:50名
締切日:7月8日(月)

<第1部> 16:15~16:45
テーマ
輸送器材の所在や移動履歴をIoTで管理するトレースシステムと月桂冠の業務効率改善を実現した倉庫管理システムの紹介

講師
東芝デジタルソリューションズ 亀川 秀樹、藤岡 健太郎

内容
RFIDを活用し様々な輸送器材や荷物をトレースする「所在・追跡管理サービス(LADOCsuite/LogiTrace)」の基本機能や幅広い活用例を紹介。
また、出荷トラックの待ち状況や積込作業の進捗状況を見える化し、現場作業と連携したトラック誘導により庫内作業効率を改善した月桂冠のWMS活用事例と作業進捗シミュレーションなど「LADOCsuite/WMS」の持つ特徴的な機能を紹介する。

<第2部> 16:45~17:15
テーマ
業務効率化を実現するRFID商品の紹介

講師
東芝テック 渡辺 勝利

内容
製造・物流・小売現場の人手不足や、人件費の高騰の対応策として期待されているRFIDについて、ハードウェア、ソフトウェアを紹介する。

■詳細・申込(7月8日締め切り)
https://www.toshibatec.co.jp/event/info/471241310200710/

「RFID等の活用による資産管理・商品管理セミナー」
日時:7月15日(水)16:00~17:15
会場:オンライン開催
参加費用:無料
主催:東芝テック
共催:ネットレックス
定員:50名
締切日:7月10日(月)

<第1部> 16:15~16:45
テーマ
自動認識の技術による資産物品管理・棚卸しセミナー

講師
ネットレックス 林 優乃香

内容
物品管理クラウドサービス「Convi.BASE(コンビベース)」のデモンストレーションを交えながら、資産物品管理とは、物品管理のポイント・他社ではどうしているのか、物品管理の現状などの内容を紹介。
セミナー終了後には、バーコードハンディーターミナルやRFIDリーダー、ICタグの実物を展示し、システム運用の疑問などの相談にも対応する。

<第2部> 16:45~17:15
テーマ
今だからこそ物流変革を後押しするRFIDパッケージシステム「RFLogispert」の紹介

講師
東芝テック 古川 裕貴

内容
RFID技術を短期間で導入可能な物流向けRFIDパッケージシステムについて紹介。倉庫業務に必要な入荷から出荷までの業務にRFID技術を活用。

■詳細・申込(7月10日締め切り)
https://www.toshibatec.co.jp/event/info/571281310200715/

■問い合わせ
東芝テック
ビジネスパートナー営業推進部(五位、岡、東)
TEL:03-6830-9241
FAX:03-6684-4002

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集