楽天ほか/自動走行ロボットで商品配送サービスを提供

2020年07月21日 

楽天と東急リゾーツ&ステイは7月21日、東急リゾーツ&ステイが運営する長野県茅野市の複合リゾート施設「東急リゾートタウン蓼科」のグランピング施設「グラマラスダイニング蓼科」で、自動走行ロボット(UGV)を活用した商品配送サービスを、8月1日から9月22日までの期間限定で提供すると発表した。

<自動走行ロボット(UGV)の実証試験の様子>
自動走行ロボット(UGV)の実証試験の様子

この取り組みでは、東急リゾーツ&ステイのスタッフが、「グラマラスダイニング蓼科」内の「THE CAMP」宿泊者を対象に、楽天が提供する自動走行ロボットを活用した無人配送ソリューションを用いて、実際の運用までを担う。東急リゾーツ&ステイが運営する施設において自動走行ロボットにより商品配送サービスを提供すること、また楽天が自動走行ロボットを活用した無人配送ソリューションを提供し、提供先の運用のもと商用サービスとして展開するのは今回が初めてとなる。

サービスでは自動走行ロボットが、「グラマラスダイニング蓼科」内のアウトドアグリルが楽しめる「THE ROOF」からテントヴィラを備えた「THE CAMP」までを自動走行して、バーベキュー用食材などを配送する。

顧客の注文は、「THE CAMP」各テントヴィラに備え付けのスマートフォン端末に内蔵されている専用アプリから行うことができる。

これまでは施設のスタッフが注文ごとに各テントヴィラへ配送を行っていたが、自動走行ロボットが商品を配送することにより、非対面での受け渡しや、配送時の省人化と効率化を実現する。

自動走行ロボットの本格的な社会実装に向けては、近年の宅配需要の増加に加え、新型コロナウイルス感染拡大に伴う非対面での配送ニーズの高まりを受けて、日本政府も公道走行実証を2020年内の早期に実行する方針を掲げている。楽天は、これまでも自動走行ロボットを活用した一般利用者向けの商用配送サービスの提供や、社会実装に向けた実験を各地方自治体やパートナー企業等と連携しながら実施してきた。2020年内には自動走行ロボットの公道走行による配送サービスの実証も予定している。

最新ニュース

物流用語集