タナックス/梱包作業を完全自動化する梱包機「TXP-600」

2020年07月22日 

タナックスは、通販など大量多品種を扱う出荷現場の効率化に寄与する製品として、3辺高速自動梱包機「TXP-600」を販売している。

<「TXP-600」紹介動画>

「TXP-600」は、段ボールの採寸、切り出し、製函、封函、ラベル張りまで一連の梱包作業を完全自動化し、多種多様な形状の商品を3辺ジャストサイズの箱で無駄なく連続包装することが可能。

最小235×265×100mmから、最大600×600×400mmサイズまでの商品に対応しており、1時間あたり最大で510個(最小サイズの場合)を梱包することができる。

包装・梱包資材には、タナックス製のじゃばら状段ボールシート「PATADAN(パタダン)」を使用することで、設備へ効率よく資材を供給することが可能なほか、より少ないスペースで資材を保管できる。

なお、「TXP-600」は、効率、コスト面、資材歩留の向上に対する効果が高く評価され、日本マテリアル・ハンドリング(MH)協会が主催する「第27回日本MH大賞」で「優秀賞」を受賞している。

■「TXP-600」スペック表
生産スピード:最大510箱/1時間(軽量同一サイズ運転時)
製造箱形状:ラップアラウンド形式(A式横置き型)
生産可能箱寸法:(最小)縦235×横265×高さ100mm
(最大):縦600×横600×高さ400mm
機械サイズ:幅2.4m×長さ20m×高さ2m(パタダン供給部は一部 約3m)

製品の詳細はコチラ

■問い合わせ
タナックス 物流ソリューション部
TEL:03-3495-6055(受付時間10:00~17:00、土日祝、夏季・年末年始は除く)

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集