日通/関西警送支店管内の事業所勤務従業員が新型コロナ感染

2020年07月30日 

日本通運は7月29日、関西警送支店管内の事業所に勤務する従業員1名が、新型コロナウイルス感染症に感染したことが確認されたと発表した。

日通では、顧客と従業員の安全を最優先と捉え、管轄保健所と連携し、感染拡大抑止のため必要な対策を迅速に実施していくとしている。

感染した従業員は、大阪府浪速区の関西警送支店管内の事業所に勤務する50代男性従業員1名で、貴重品運搬の銀行設定便業務に従事していた。

7月27日に検査を受検し、7月29日、陽性であることが確認された。なお、の従業員は7月22日が最終勤務日となっている。

同社では、この事業所、車両等の消毒作業を実施。管轄保健所の指導のもと、濃厚接触者の特定を行うとしている。

最新ニュース

物流用語集