SkyDrive/セイノーHD等と神戸市六甲山でドローン混載輸送

2020年08月07日 

SkyDriveは8月6日、神戸市灘区の六甲山地区で、カーゴドローンを活用した混載型配送の実証実験を実施した。

<飛行ルート>

<離陸時>

<着陸後、荷物を開封>

実験は、ドローンを活用した配送サービスの実用化に向けたもので、神戸市協力のもと、セイノーホールディングス、神戸阪急、トルビズオン、成ワ薬品と共同で実施。

重量物運搬に対応したカーゴドローンに日用品や冷蔵品(食品)、医薬品を混載し、六甲山の麓から山上まで輸送することで、山間部等の輸送効率が悪い地域でのドローン輸送の効率性や、ドローン輸送における商品の温度管理、一般用医薬品のドローン輸送対応などを検証した。

今後、SkyDriveは神戸市や各企業と連携し、山間部の居住者が、手軽に小売店の日用品、医薬品、自治体からの必要物資を居住区で受け取れる配送サービスの実用化を目指す方針。

また、2022年を目途に開始予定のドローンによる有人地帯での目視外飛行の実現と、それに向けた航空法改正を見据え、山間部だけではなく、都市部でのドローンを活用した宅配サービスの実用化を目指し、法令基準を満たした安全なドローン開発を行っていくとしている。

■実証実験概要
日時:8月6日 10:30~13:00
場所:神戸市灘区 六甲山地区
飛行区間:神戸市灘区鉢巻展望台~同灘区六甲山記念碑台
運搬物:小売店商品、飲食物(米飯、洋菓子)、医薬品
実験内容:山間部における生活必需品の自動搬送
商品温度管理調査
一般用医薬品(第2類)の配送
六甲山上空おける携帯電話の有効性
社会受容性(土地所有者、近隣にお住いの方等の理解)

■実証実験での役割
SkyDrive:運搬用ドローンの提供、現地オペレーション
セイノーHD:物流業、配送物の温度管理
神戸阪急:運搬する飲食物の提供(米飯、洋菓子)
トルビズオン:プロジェクトマネジメント、飛行ルートの地権者調整
成ワ薬品:運搬する医薬商品の提供(第二類一般医薬品)
神戸市:自治体所有地の提供、地権者との調整

最新ニュース

物流用語集