日本郵船/世界最大級の米国LNGプラント、全て運転開始

2020年08月11日 

日本郵船は8月11日、三菱商事との米国合弁事業会社(Japan LNG Investment LLC、以下:JLI)を通じて参画するキャメロンLNGプロジェクトにおいて、LNG生産設備第3系列の商業運転を8月10日に開始したと発表した。

<キャメロンLNG基地>
20200811nyk3 520x228 - 日本郵船/世界最大級の米国LNGプラント、全て運転開始

20200811nyk2 - 日本郵船/世界最大級の米国LNGプラント、全て運転開始

合計3系列のLNGプラント全てが商業運転を開始したことになり、年間1200万トン超のLNGを輸出する世界最大級のLNG生産設備が完成した。

同プロジェクトは、キャメロンLNG社(以下:CLNG)が事業主体として推進しているLNGプロジェクトで、CLNGの株主構成は、Sempra Energy50.2%、TOTAL16.6%、三井物産16.6%, JLI16.6%。

日本郵船は輸出されるLNGの海上輸送の一部も担っている。

<液化プラント>
20200811nyk4 - 日本郵船/世界最大級の米国LNGプラント、全て運転開始

<プロジェクトスキーム図>
20200811nyki 520x284 - 日本郵船/世界最大級の米国LNGプラント、全て運転開始

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集