フェデックス/ベトナム・ハノイ空港で危険物クラス9取扱開始

2020年08月26日 

フェデックスエクスプレスは8月26日、ベトナムのハノイ空港(HAN)を発着する危険物(DG)クラス9の取り扱いを9月1日から開始すると発表した。

これにより、顧客は、ベトナムのハノイ、ハイフォン、ハイズオン、バクニン、バクザン、ヴィンフックなどの特定の都市や省の間で危険物クラス9を発送および受け取りができるようになる。

危険物クラス9の取り扱いサービスは、インターナショナル・プライオリティ(IP)、インターナショナル・プライオリティ・フレイト(IPF)、インターナショナル・プレミアム(IP1)、インターナショナル・エクスプレスフレイト・サービス(IXF)、およびインターナショナル・エアポートツーエアポート(ATA)でのみ利用が可能。

危険物クラス9には「航空規制の固体または液体」「磁性物質」「
環境有害物質」「遺伝子組み換え微生物(GMMO)または遺伝子組み換え生物(GMO)」「リチウム電池」「細塵として吸入し健康を危険にさらす物質」「キャパシター」「引火性の蒸気を発する物質」「救命器具」「火災時にダイオキシンを発生する可能性がある物質および物品」「輸送中に危険を呈する他の分類以外のその他の物質および物品」が含まれる。

最新ニュース

物流用語集