佐川急便/熱中症予防に冷却ファンベスト導入

2020年08月27日 

佐川急便は8月27日、熱中症予防の取り組みとして冷却ファンを内蔵した「クールファンベスト」の導入を進めていると発表した。

<営業所に導入されたクールファンベスト>

8月7日、営業所の構内作業員を対象に2800枚を配布した。

クールファンベストは、内臓した冷却ファンがベスト内部へ送風する仕組みで、約10時間の連続使用が可能。

佐川急便では、仕分け作業などを行う物流現場の暑さ対策として、適切な水分補給やナトリウム(塩分)摂取の推奨、ハーフパンツを制服として設定するなどさまざまな取り組みを行ってきたが、今後、さらに暑さが厳しくなることが想定され、物流現場での生産性の低下が懸念されることから、作業環境の改善を図り、従業員の熱中症リスクの軽減や疲労度を低下するため「クールファンベスト」の導入を決めた。

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集